MENU
さつろう
看護師ライター
1988年5月18日沖縄県生まれ。看護師歴11年。精神科をメインに内科・整形外科・外科などで経験を積む。趣味は読書と美術鑑賞。一時期フードコーディネーターや舞台ダンサーでした。

こんにちは、美橋です

はじめまして。美橋サキです。

この記事では、美橋サキって誰?と疑問に思った方に向けて、簡単な自己紹介をしたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 美橋サキが何者か知りたい人
  • お仕事を依頼してみたい人
  • 友だちになりたい人(人見知りのわたしでよければ…照)
もくじ

美橋の自己紹介

まずは基本情報です。

生年月日1988年5月18日
出身地・住まい沖縄県→東京都
職業・看護師
・看護師ライター
メンタル本大賞ライター
家族こころの広いポジティブな夫と二人暮らし
趣味ソファーでゴロゴロ

独身時代、看護師をしながらレストランで踊ったり、フードコーディネーターとして書籍の制作に携わったりしてきました。

20代のときはさっしーに似ていると言われていました。

これまでの人生

カンタンな経歴と「一身上の都合」だらけの履歴書をまとめました。

カンタンな経歴

  • 看護師10年
  • レストランダンサー5年
  • フードコーディネーター1年

いまでも時々、フードコーディネーター時代からお世話になっているシェフの手伝いをしています。臨時スタッフとしておいしいごはんのにおいを嗅いだり、つまみ食いをしたり。記念日は外食派です。おいしいは正義。

カンタンじゃない経歴

「一身上の都合」がくり返される履歴書は読み手も書き手もめんどうなものですよね。

2011年 新人看護師~大学病院~

キャパオーバーで周囲に迷惑をかける→2年で退職

あまりのコミュ力不足に発達障害を疑われました

2013年 女社会はめんどう~民間病院~

看護のレベルも人間関係も控えめにいってアレでした。ストレス発散にダンスと料理を習う→1年半で退職

レストランダンサー&フードコーディネーターのきっかけです

2015年 沖縄、そして精神科

一旦地元に戻る。デイケアでおじい、おばあに方言を教えてもらいながらネイルサロンごっこをして過ごす→3か月後に東京に戻る

こころとからだをやすませて、家のそうじばかりしていた時期です

精神科の看護師:独身を満喫。看護師時代でいちばん楽しかったけれど体調不良に陥る→4年後に退職

2019年 看護から離れた~フードの世界~

フードコーディネーターとして運よく活動するも、鳴かず飛ばずの日々。デイサービス、ツアーナースなどでなんとか生計を立てる→1年でピリオド

仕事の打ち上げをInstagramで知ったときは悲しかったなぁ。そのくらい、現場では必要とされていないレベルの人間だったんです

2020年 メンタルやられて戦線離脱~精神科訪問看護~

利用者さんに「美橋さんにはしあわせになってほしい」と言われて号泣→半年で退職

このあたりで「現場ではたらく看護師」が合わないかもと思い始めます

2021年 資格を活用する!~看護師ライターへ~

医療系コラムの他に貴金属やブランドの歴史など多ジャンルの記事を執筆。メンタル本大賞ライターとして活動中。

好きなこと・もの

いちばん好きな時間はソファーに寝そべって1日中動画を観ることですが、趣味をまとめました。

読書

マンガから小説までいろんな種類の本を読んで買います。月に1回は本屋さんに出かけて気になる本を大人買い。金欠なときは図書館を利用していますね。いつでも積読。

美術鑑賞

「美術展にたくさん行く!」が上京した理由のひとつといっていいくらい、芸術が好きです。(ドヤ顔)

とはいっても作家の技術とか美術史にくわしくないです。あくびしまくって鑑賞しています。

インテリだなぁと思ったそこのあなた。

美術展をナメたらいけませんよ。

場所によっては階段の昇り降りがありますし、鑑賞中は立ちっぱなしとなります。意外と下半身の筋肉をつかう、いい趣味だと思っています。

食べることと作ること

ハメを外すとおなかがピーごろごろするので、食事はちょっと気をつかいます。

日々の食卓はカンタンさを、記念日やイベントはプロの味とメリハリをつける派。

お菓子作りは米粉を愛用中。

料理を真剣にやると以下のような効果がみられました。

  • 節約
  • タイムスケジュール管理が得意になる
  • コスパのいいお店がわかる
  • 料理のできない人に尊敬される
  • 肌がマシになる(シミは消せません)
  • がんばっている自分に酔いしれる
  • ていねいな暮らしに憧れるようになる

自炊についても書いていきたいと思います。

これからやりたいこと

経歴をみてわかるとおり、長続きしない看護師です。それじゃあどうして看護師になったのかというと、周囲の期待に応えたかったから。

深く考えずに成り行きでなったため、つらい出来事や課題を乗り越える気力はゼロ。「ここじゃないどこか(の職場)ならしっくりくるはず」と渡り鳥のようにはたらく場所を変えるだけで、結局なにも考えちゃいない。

典型的なダメ人間でした。

でも、こんな人間でもいろいろ思うところがある。現場の外にいるからこそ、看護について考えられる。

このサイトは、私の考えを文章化する場所です。

文章をつくり続けることで考えが変わるかもしれないし、間違った見解をするかもしれない。けれども、楽しみながらやっていきたいなと思っています。

SNS

ヒマつぶしに各SNSものぞいてもらえるとうれしいです。

最近はまいにちTwitterでどーでもよいことばかりつぶやいています。別サイト「さつろうフォドマップ」に置いてきたどす黒い感情を、さわやかに表出するのが当サイトの目標です。Instagramnoteは不定期更新。

応援してくれたら、すごくうれしいです。

問い合わせ

「これってどういうこと?」「この記事よかった!」「いや、わたしはこう思う」という質問や感想、お仕事の依頼はこちらよりお願いします。

やりとりをしやすい方を選んでいただけたら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

mihasi 看護師ライター

1988年5月18日沖縄県生まれ。看護師ライター。趣味は読書と美術鑑賞だけれど、一番好きな時間はソファーで気の向くまま動画を観ることだったりします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


twenty − nine =

もくじ
閉じる